FC2ブログ

天国と地獄を味わうグーグルアルゴリズムとは

2018年8月、googleが検索エンジンのアルゴリズムを変更しました。

アルゴリズムとは、ある言葉で検索した時に、画面の何番目に表示するかを決める条件式のようなもので、プログラムで組まれています。

例えば、ヴィトンのバッグが欲しいとき、検索ウィンドウに「ヴィトン バッグ 格安」と入れますよね。

そうすると、瞬時にヴィトンを売っているお店の情報が、ズラーと出てきます。

グーグル検索結果

「ヴィトン バッグ 格安」というキーワードにヒットする情報の数は、なんと567万件。

検索結果は、1ページ10件されますのでページ数は、56万7000ページにもなります。

検索した人は、検索結果の2ページくらいまでしか見ませんので、残りの56万6998ページページの情報は見られない情報となってしまいます。

また、同じ1ページ目に表示されたとしても、検索順位1番と9番では、クリックされる確率が何十倍も違ってきます。

クリック率は売上げにダイレクトに影響してきますので、検索順位が何番目に表示されるかは、お店にとっては死活問題なのです。

その検索順位が、検索エンジンのアルゴリズムの変更によりガラって変わってしまいます。

検索順位の変動は死活問題


そうすると、今まで検索順位の上位に表示されていていたお店が、突然何十位も表示順位がおちてしまうことが起こります。

結果、店の売上げが激減。例えば月1000万円売り上げていたのが、翌日には0円なんてこともザラにあります。

nayamu.jpg

どれだけの衝撃度かわかりますよね。

googelアルゴリズム変更は、これまで大小合わせて何十回も繰り返されてきており、その度に天国行きと地獄行きの切符が渡されます。

天国と地獄を行ったり来たり


 2018年の8月に実施されたアルゴリズムの変更は、「コア・アップデート」と呼ばれ、健康・医学系、美容・ファッション系、結婚・恋愛系に対して実施されています。
   
検索表示順位が50も下がってしまった知り合いの整骨院の経営者が、「閉店しなければいけないかも・・・」と、かなり落ち込んでいました。

それほど、検索アルゴリズムの変更の影響が大きいのです。まさに現代の閻魔様といった感じですよね。

akumatenshi.jpg

でも、この閻魔様は、いい人でも地獄に落としますし、悪人でも天国に上げてしまいますから、ちょっとタチが悪いです。

検索順位を上げためにはSEOを知ること


検索順位を上げるには、googelが推奨するSEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)を実施する必要があります。

SEOの手法について知りたいかたは、どうぞデジベースにお越しください。

ただし、デジベースでは、正規のSEOのである「ホワイトハット」しかお教えしません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

デジベース

Author:デジベース
048-423-5020
蕨駅東口徒歩2分 パソコン教室「デジベース」です。

「必要機能最優先で難しいのは後回し」の超簡単コースと、「ワンランク上のパソコン技術」を目指すテクニカルコースを用意!PC持込み、仕事持込み、ビジター講習ありで、お客様の要望にお応えしています。

PR
スポンサードリンク


最新記事
おススメ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示