FC2ブログ

Win7からWin10へOSアップグレードしてみました!

Win10がリリースされて2ケ月。最新のPCにはWin10が搭載されています。

教室で使っているWim7マシンには、PCを起動するたびにWin10アップグレード案内が表示されていましたが、リリース直後のためトラブルもあるかと、更新しませんでした。

しかし、最新PCの持ち込みや、アップグレードの方法などの問い合わせもあるかもしれないので、教室のパソコンの1台をWin7から、Win10へアップグレードしてみました。

まずは、ポップアップルメニューがでたら、「Windows 10を入手する」からアップグレード予約を行います。(予約は、Windows update の画面からでも予約できます。)

UPdate.jpg


予約してすぐにダウンロードが始まるのかと思いきや、まったく何の反応もありません。実は予約してから更新するまでは時間がかかり、アップグレードの準備(ダウンロード)ができると通知で知らされるようです。

ということで、その日はシャットダウン。当PCの更新準備ができたのは、翌々日でした。

更新前の準備として、もしものトラブルに備えて、必要なファイルのバックアップをしておくことをオススメします。

トラブルがなければ、更新後はデスクトップの配置も何に変わることなく利用できますが、やはり万一のことを考え、大切なものは外部USBにでも保存しておいたほうがいいですね。

そしてもう一つ確認しておくことは、アプリケーションソフトやプリンターなどの周辺機器の対応状況です。

古いアプリケーションや機器の場合、バージョンアップしたとたん動作しなくなる場合がありますので、周辺機器のWin10対応状況を確認しておいてくださいね。

いつも使っているアプリや機械が、Win10(Win8)未対応の場合には、しないほうがいいかと思います。対応しているなら、バージョンアップさせておいてください。

「アップグレード可能」の通知があった時点でデータダウンロードは完了していますので、すぐに更新することができます。PCマシンの性能にもよりますが、当社のPC環境では更新に3時間程度かかりました。

更新が終わり、幾つかの設定のステップを修了すると、めでたくwin10の画面です。スタートボタンがWin7からWin10バージョンに替り、クリックするとWin10の新メニューが表示されます。

IMG_0201.jpg


デスクトップ環境や壁紙の設定も、更新前の状態を引き継いでいますので、ほとんど違和感なく使えると思います。

あとはトラブルですが、一番初めにでた問題は、ウィルスセキュリテーゼロでした。生涯無料のはずのウィルスセキュリテーゼロが、win10はサポートしてないので更新料を払えといってきました。

しょうがないので、3台分で¥3,218(税込み)を払いゼロのバージョンアップを行いました。「有効OS拡張サービス」 というそうですが、生涯無料を信じたのに・・という感じです。

Win7からWin8へバージョンアップさせた時よりは、Win7からWin10のほうが戸惑うことなく使えると思います。Win8からWin10へのアップの人は、より快適な操作環境となると思います。

しばらく使ってみて、発生した問題については、順次お知らせしますね。

OSのバージョンアップでわからないことがあったら、蕨のパソコン教室【デジタル空間デジベース】へどうぞ
スポンサーサイト



テーマ : Windows
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

デジベース

Author:デジベース
048-423-5020
蕨駅東口徒歩2分 パソコン教室「デジベース」です。

「必要機能最優先で難しいのは後回し」の超簡単コースと、「ワンランク上のパソコン技術」を目指すテクニカルコースを用意!PC持込み、仕事持込み、ビジター講習ありで、お客様の要望にお応えしています。

PR
スポンサードリンク


最新記事
おススメ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示